キーマインの遺伝子分析を活用したオーダーメイドサービスを導入しませんか?

「スポーツ」導入事例

その子の良い部分を伸ばすことが大切【株式会社バディ企画研究所代表 鈴木威様 インタビュー】

その子の良い部分を伸ばすことが大切【株式会社バディ企画研究所代表 鈴木威様 インタビュー】

鈴木 威

プロフィール

株式会社バディ企画研究所 代表取締役  鈴木 威

バディスポーツ幼児園・バディスポーツクラブ代表。1950年、東京都八王子市生まれ。日本大学第二学園高校では陸上部に所属。
30歳で「スポーツによる幼児教育」を日本ではじめて実践した施設を東京都世田谷区に設立。現在、バディスポーツ幼児園や各種スポーツクラブを展開。小中学童保育施設も運営し、Jリーグの名門である東京ヴェルディ会長、Bリーグの横浜ビー・コルセアーズ会長を歴任

今回はこの2019年春から園児とスポーツクラブ生向けに遺伝子検査の取り組みが始まった、スポーツ教育を中心としたバディスポーツ幼児園の代表鈴木威様にこれからの日本においての遺伝子検査の価値について時代背景 を踏まえてお話を伺った。

また先日行われた世田谷バディでの保護者向けの事前説明会の様子も合わせてお伝えしたい。

 

 

鈴木威氏:
ピアニストの辻井伸行さんは、母親が1歳半の時に音感があると気づき、7 歳の時には日本を代表するピアニストになりました。羽生結弦選手は、2歳半で喘息を治すためにフィギュア スケート を始めています。 テニスの大坂 なおみ 選手、 体操の内村航平 選手 ・白井健三 選手 ・サッカーの大迫勇也 選手 ・武藤嘉紀 選手 ・ 元 女子 レスリング 選手 の吉田沙保里 さん ・マラソンの川内優輝 選手、 卓球の張本智和 選手 ・伊藤美誠 選手 ・平野 美宇 選手 は、いずれも3歳から運動を始めました。囲碁 で史上最年少プロ( 10 歳)となった 仲邑菫 初段も、3歳から始めています。将棋の藤井聡 太 七段、 テニスの錦織圭選手 、スピードスケートの高木美帆 選手 は、5歳から始めております。

昔の人は科学的根拠がないのに、「三つ子の魂百まで」という言葉を残しています。 人の優れた部分
を伸ばすために は、 3 歳から 6歳まで(4年間)に伸ばす努力をした方が、その後の7才から18 歳まで (12年間 の努力に匹敵 するので 、 早い方が 有利である と言われております。 これは、 スポーツだけでな く、あらゆる分野で同様ではないでしょうか。歌舞伎役者も、また、3 歳ころから口上の練習をしております。

日本では、画一的な教育を行い、大学を出て会社に就職してから、プロとしての仕事をします。ファ
ンドやプログラミング、作詞作曲な ど、ありとあらゆる場面で欧米に後れをとっております。幼少期
から ファンドやプログラミング、作詞作曲をしている人と 、 大学を出てからそれらを行う人では相当
の差があります。子供の頃からサッカーを続けてきた人と 、 大学生になって から初めてサッカーをし
た人では、(後者が)全く 歯が立 たないでしょう 。

とはいっても、子ども達のどこを伸ばしたらよいのか、についてをほとんどの人は知り得ません 。そこで、遺伝子分析をしたら、その子の良い部分を伸ばすことが大切なのです。 人は良い部分と悪い部分を相反して持っています。例えば、積極的な子どもは我儘です。 すると、日本人は我儘を治そうとしますが、 逆に積極性が消えてしまい特色のない人になっていきます。逆に、消極的 な子どもは、おとなしく 協調性があります。「もっと積極的になりなさい」と大人は つい口にだしてしまいますが、そうすると協調性を失ってしまう場合が あります。 人は、長所で短所がカバーできれば良いのです。それが個性になるのです。

自分の子どもの遺伝子を知ることは大切な子育ての一歩になることと思います。
遺伝子結果は一生変わるも のではありませんので、幼児期の早い段階に実施するのが ベターである と思います。

 

 

~世田谷バディ遺伝子検査説明会~

 

平日の昼間にもかかわらず、お母様はもちろんの事多くのお父様にも参加された遺伝子検査の説明会。

 

「1年で1000食10年で1万食食べるお子様の食事 誰の為の情報が大事なのでしょう」といった点についてお話しさせて頂いた。

 

 

我々も全国色々なところで保護者様向けの話をさせて頂いているが、バディ様の保護者様の意識の高さには本当に驚かされた。
説明後の質疑応答では質問が終わらず、鈴木代表がお母さんたちのお子さんの御迎えの時間を気にして強制的に中断したほどだった。

そして

 

一度締めた後の個別の質問も長蛇の列・・・

 

参加して下さった保護者の皆様からは

・とても参考になる話が沢山聞けて会社を休んででも来てよかった!
・こちらの検査はただ受けて終わりではなくて、その後カウンセリングでフォローもしてくださるので安心です。
・普段子供の食事で悩んでも相談できるところがないが、成長の事や栄養の事など、検査後のカウンセリングの時に相談できるとの事ですごく心強いし楽しみです。

等沢山の喜びの声を頂けた。

これから1年かけて全園を回りしっかりと「遺伝子情報を活かす」事についてお伝えしていきたいと思う。

世田谷バディの皆様ご協力ありがとうございました。

この記事を書いた人

長峯 誠(ながみね まこと)

株式会社キーマイン 代表取締役
自身で「遺伝子検査×ダイエット」にて食習慣改善で3か月8kgのダイエットを経験したことから、世の中に「遺伝子検査×○○」が必要であると考え、オーダーメイドプログラムメーカー株式会社キーマインを創業する。

キーマインの「遺伝子分析オーダーメイドプログラム」