キーマインの遺伝子分析を活用したオーダーメイドサービスを導入しませんか?

「スポーツ」導入事例

フットサル界の英雄リカルジーニョ選手とスペイン代表キャプテン オルティス選手から学ぶんだ事

フットサル界の英雄リカルジーニョ選手とスペイン代表キャプテン オルティス選手から学ぶんだ事

アスリート

2018年7月7日
リカルジーニョ・オルティス来日フットサルクリニック
特別トークセッション

 

ご存知の方も多いかもしれないが

リカルジーニョ選手は
フットサル界の英雄と言われ

世界最優秀選手賞を5度

も受賞している正にレジェンドである。

以前Fリーグの名古屋オーシャンズにも2年間在籍しており
日本と日本のアスリートの文化もよく理解している海外選手の一人だ

 

そしてスペインインテルでリカルジーニョと共にプレーしているオルティス選手
彼はクラブチームでも代表チームでもキャプテンマークを付ける有名選手である。
(リカルジーニョ選手の存在でいつも選手投票は2位が多いらしい・・・)

 

彼ら二人が昨年7月に来日した際に行った小学生向けクリニックと前日の指導者様向けのトークセッションにゲストとして及び頂き

「世界で戦うための身体づくり」

というテーマでお話をさせて頂いた。

 

 

このイベントの前に二人にインタビューをさせて頂けることとなった。

インタビューの中で二人は遺伝子検査についてこんな風に話してくれた

1、世界のアスリートはすでに遺伝子検査の結果に合わせてトレーニングや食事を変えている選手は多い

 

2、良い遺伝子を持っていても一流選手になれるとは限らない、よくない遺伝子を持っていたとしても努力をすれば一流選手になることはできる

 

3、トレーニングも遺伝子情報を知ることも小さなうちに始めたほうが良い

話してくれたこの3点は我々が常にセミナーなどで多くの人にお話ししていた内容だっただけに彼らの口から聞けたときには本当に鳥肌が立ったのを覚えている。

遺伝子を活かしたトレーニング・食事・ケア!はまだまだ日本ではなじみが薄い。

先日あるスポーツ協会の理事の方たちとお話をする機会を頂いたが、この考え方を日本のアスリートにしっかりと広めていくには沢山の山を越えなければならないのだなと改めて実感した。

それでも地道に続けていきたい。

 

リカルジーニョ選手とオルティス選手には心より感謝する。
まだまだ活躍してまた日本に来た際には一緒にラーメンでも食べに行きたい^^

 

この記事を書いた人

長峯 誠(ながみね まこと)

株式会社キーマイン 代表取締役
自身で「遺伝子検査×ダイエット」にて食習慣改善で3か月8kgのダイエットを経験したことから、世の中に「遺伝子検査×○○」が必要であると考え、オーダーメイドプログラムメーカー株式会社キーマインを創業する。

キーマインの「遺伝子分析オーダーメイドプログラム」